4輪のこと

現在の愛車「フッちゃん」です。

フッちゃんのインプレッションをボチボチと入れていきます。

2018年8月3日

昨日、フッちゃんがやっと帰ってきてくれました。

無事に直っていました。

もう事故には遭いたくないものです。

2018年7月20日

修理中の代車の準備が出来、本日からドック入りしました。

2週間程度かかりそうですが、完全に直ってほしいものです。

2018年7月16日

あろう事か、追突されてしまいました。

詳しくはブログの方で見ていただくとして、車が傷つくとは悲しいですね。(T_T)

2018年7月11日

最近、車イスを載せる必要がありました。

フィットはトランク部分が広いので、車イスくらい楽勝やと思っていましたが、意外と乗せるのに苦労しました!

トランクには載せられるのですが、車イスは意外と背が高く、バックドアが閉められない!

どうしようかと色々とやってみましたが、結局、フィットの特徴である後席の座面を上に起こして後席部分に隙間を作り、そこに車イスを載せました。

従って、後席には一人しか乗ることが出来ず、義母は車に乗るのを諦めてもらいました。

フィットはブーンに比べて1.5倍位積載量が多いと思いますが、意外でした。

私の積み方が悪いのかどうかということもあるかもしれませんが、ブーンだったら後席を完全にたたんでそこに車イスを横積みしなければならなかったかも。そうすると後席に人を乗せることが出来ない!

これからの高齢化社会の進展を考えれば、メーカーは車イスを載せることを考慮してもらいたいものです。

車イスを載せたいなら、もっとでかい車を買えということかもしれませんけどね!

また、自動車評論家はいつまで経ってもゴルフバッグがいくつ載るっちゅうのを一生懸命書いてますが、これからは車イスを載せられるかどうかも調べてほしいものです。

2018年1月30日

昨日でやっと1万kmを超えました。

調子は良いですが、寒いと燃費は悪化します。

今は母のマンションの片付けに毎週行っていますが、往復25km位で燃費は20km/l程度です。

エンジンを暖めるためにガソリンを使ってるのと、上り坂がやっぱり悪影響を与えます。

往路は下りが多いから30km/lを超えるけど、帰りで全てはき出してしまいます。

それでも、前のブンちゃんなら10~15がやっとでしたからすごいとは思いますが・・・。

ブンちゃんはアイドルストップもなかったから渋滞にはまると10も行かないことがよくありました。

そして、今回改めて思ったことはマンションの不要品等を運び出しているのですが、後席を倒すとものすごくたくさん積み込むことが出来ます。後席をたたむとシート全体が下に沈み、床が荷室とフラットで高さもある大空間になります。

前のブンちゃんもたくさん積めると思っていましたが、フッちゃんはその1.5倍は積める感じです。

フッちゃんに感謝です。

帰りの燃費が悪化するのも車いっぱい積み込んでかなり重量が増えているのも一因なんでしょうね。

(処分場に持っていったら、100kgあったこともあります!)

今しばらく、フッちゃんの活躍は続きそうです。

2018年1月18日

前に乗っていたブーンはフロントドアの前に3角窓が無く、プラスチックの板で覆われており、

特に右方向の視界が非常に悪く、右折する時は頭を左右に大きく振って右側を確認していました。

その点フッちゃんは3角窓があり、非常に見やすくなったと感じています。

しかし、最近、近所のショッピングモールにトヨタが車の展示を行なっていたので、カローラに乗ってみたのですが、フロントピラーがドライバーからの視線を邪魔しないようにとても細く設定されており、非常に視界の良い車だと思いました。

この辺が長く売れている車の強みかもしれませんね。

まあ、フッちゃんのピラーの方が太い分、安心感はありますけどね。

参考にドライバーの目の位置で見たフッちゃんの視界をアップします。

2017年12月6日

久々にタイヤのエアーの補充を行ないました。

しっかり入りました。

8月に1年点検をしてもらっていますが、その時にチェックしてもらったままだったので、

温度も下がっているし、エアーの補充が必要だったんですね。

以前は結構まめに補充していたのですが、フッちゃんにはメンテナンス契約も付けたので、

自分でやるべきメンテをほとんどやっていませんでした。  反省!!

今後はもう少し自分でメンテをやって行かねば!

2017年11月17日

久しぶりに淡路島まで行ってきました。

フッちゃんはよく走ってくれて良かったです。

しかし、ナビはやっぱりダメですね。

車1台がやっと通る道に誘導されて、またしても行き止まりの道でした。

行き止まりに誘導されるのは2回目。

普段はナビを使わず、知らない所に行った時にだけ使うから、行き止まり確率は非常に高い。

何でこんな道に誘導するんでしょうね!

ブンちゃんに付いていた安いナビではこんなことは一度もなかった。

値段が3倍位しているのに、そのメリットを感じるのはUSBの音楽を聴けることくらい。

通信で機能アップも出来るはずだから、もっとまともな誘導が出来るようにして欲しい。

ホンダ、頑張れ!!

2017年8月28日 、 10月6日一部修正

フッちゃんが来て1年になりました。

1年の感想としては、よく走るし思っていた以上に燃費が良い。

前の1.3Lのブンちゃんと比べるとやっぱり1.5~2倍位伸びています。

高速でもブンちゃんよりも良いからびっくりです。

トラブルも無く、満足しています。

欠点は車内で聞こえる車外騒音程度。外の音は良く聞こえます。

本件は、この前のマイナーチェンジでハイブリッドSは対策されているようですが。

まあ、仕方が無いですね。

今日はここまで。

2017年8月11日

評論家の方がフィットについて、燃料タンクからチャプチャプ音がしてうるさい、

また、後席の床が傾いていて危ない、こけそうになったというようなことが書いてはります。

私のフィットでは燃料タンクからの音って聞こえませんけどね~。

私の耳が悪くなっているのか、私のフィットはハイブリッドSですが、下のグレードでの

話なんですかね~?

後席も身長178cmの私には何も問題ないし、身長150cmにも満たない85歳の

腰のひん曲がったおばあちゃんでも一人で機嫌良く乗り降りしています。

こけそうになったことももちろんありません。

手助けがいるのはシートベルトのセットだけです。

時々、評論家の方でもおかしいと思うことを書いてはりますね。

街中でフルスロットルにすると書いている人もいましたしね。

車をどういう使い方、乗り方をされているんでしょうね。

更に言えば、フィットハイブリッドは遅いと書いている人もおられましたが、

そんなこと全然無いです。十分な速さを持っています。

街中でレースをするつもりで書いてはるんですかね。

最近は、参考になる記事を選別しなければいけないと思っています。

2017年7月29日

フィットがマイナーチェンジされました。

これによりかなり改良された感じ。

特に、外の音が良く聞こえると私のインプレッションでも書いていますが、

防音・吸音対策が各種行なわれています。これは効果があるかも。

フィットがブーンに負けている点ですからホンダも気付いていたのでしょうね。

(ホンダ関係者がこのHPを見た?)

また、ホンダセンシングが装備出来るようになったのも大きいですね。

この2点が特に羨ましいですね。

その他にもエンジン自体を始め色々と改良されているそうです。

今から購入される方は良いですね。

ただし、改良内容はグレードによりますから良く確認することが必要です。

スタイルの変更は好みの範囲かなと思います。

でも、16年型フィットもええですよ。

8.ボディーコーティング ・・・ 〇

洗車がしんどくなってきたから、今回初めてボディーのコーティングをしてみたのですが、結構効果がありそうです。

水洗いだけできれいになるし、今までは雨に降られたら汚くなっていたのが、今回は雨に当たっただけできれいになっているなと思う時もあります。

グレードは中間のものですが、5年持ってくれたらええですね。

7.収納性 ・・・ △

意外と物の置き場所等が少ない。BOXティッシュの置ける場所がない。

シート下にも物入れはない。(燃料タンクがあるしね。)

まあ、トランクの広さでは十分だと思いますが・・・。

この点ではブンちゃんの方がずっと良かった。

ラゲージカバーは本当にカバーだった。上に物を載せるような物ではない。

6.ハンドリング ・・・ ◎

しっかりしていて操作した分だけしっかりと曲がってくれる。

安心感も高い。

この辺はホンダの強みかもしれない。

革製のハンドルは良いが、個人的にはもう少し握りが太ければ良いと思う。

55タイヤで最小回転半径が標準タイやよりも少し大きくなっているが、狭い駐車場に入れる時でも全く支障はない。

5.乗り心地 ・・・ 〇

買ったのはSタイプで55タイヤをはいており、乗り心地の面では不利かと思っていたが、それほどでもなかった。

路面の悪い所ではゴツゴツとするが、ショックは大きくない。

嫁はんも乗り心地は悪くないと言っている。

しかし、横揺れの具合を考えると後輪の足回りの貧弱さが感じられる。

次のモデルでは是非とも独立式でやって欲しい。

足回りにはもっと金をかけて良いと思う。

直進性はFFの標準レベルと思う。FRにはやっぱり負ける。

4.ナビ ・・・ △

メーカーオプションのインターナビを付けています。

通信もできるようになっていて優秀なはずですが、行き止まりの道を案内されたり、地方に行った時に国道に並行している道を案内されたのですが、対向車が来たらすれ違いもできないような超細い道でUターンもできないし恐い思いをしたこともありました。

ブンちゃんでは一番安いDVDナビを使っていたのですが、道案内という面ではブンちゃんの方が良かったです。

多分、インターナビは通行情報を集めているので、地元の人が良く通る道を案内しているのだと思いますが、それが裏目に出ていると思われます。

また、道路線の横に渋滞等の情報が表示されますが、線が非常に細く見にくいです。

これも前の安物ナビの方がずっと見やすかった。

一番良かったと思ったのは、バックカメラですね。ナビの付属機能ですが・・・。

買う時には全く期待していなかったのですが、後ろがよく見えて便利!!

(最近、首が回りにくくなっているし・・・。)

また、ナビ本体とともに、インパネにも曲がることを知らせる機能が付いていて便利です。

オーディオは本体ではタッチパネルで使いにくいですが、前に書いているようにハンドルにスイッチが追加されており、ハンドルを持ったまま操作可能です。

あと、通信ナビだから自車の状況をパソコン等のネットで確認できます。

これが結構面白い。燃費情報もあり、通信ナビを持っている人の中で燃費が何位とか出てくる。

車の記録にも良いです。

3.静かさ ・・・ ◯と△

車自体が発生する音は少ないです。

高速での風切り音も風が強い時くらいです。

エンジンも静かです。

従って、車自体の騒音は〇。

しかし、外の音は良く聞こえる。

隣の車線をうるさい車が通った時に窓が開いていたかと思ったくらい。(当然閉まっていた。)

周りがうるさくない時は問題はないが、長いトンネルや周囲がうるさいと騒音が大きく聞こえる。

外部騒音に対しては前に乗っていたブンちゃんに比べても明らかに劣っている。(車自体の音はブンちゃんに勝っているが・・・。)

従って、外部からの騒音に対しては△。

2.空調関係の操作方法 ・・・ ✕✕

絶対に改善して欲しいのが、空調の操作方法。

タッチパネル式になっていて、現代的にしているんだろうが、見ないと操作できない。

また、操作している時に車が揺れたりすると2回タッチしてしまい、ONしたと思ったのが、また切れてしまっている。

車の操作は見なくても操作できるようになっていないと危険だと思う。

走っている時に急にフロントガラスが曇ったので、デフロスターを使おうとしたが、ファンのON、それから吹出し口の切替えをしないとデフロスターが使えない。

高速を走っている時に操作しようとして車線をはみ出してしまった。

幸い事故にはならなかったが、危なかった。

40年以上車の運転をしているが、こんなことは初めて。(決して年のせいではありません。)

走っている状態では操作不可能です!!

空調の関係は次のマイナーチェンジの時にでも絶対に変更すべき。

オーディオもナビ画面でのタッチパネルとなっていますが、こちらはハンドルに付いているスイッチで基本的な操作は可能なので、大丈夫です。

1.燃費 ・・・ ◎

思っていた以上に良かった。3700km走って22km/ℓ出ています。とても満足しています。

使い方は、高速や遠出が月に1回づつ位。

あとは片道7~12km位の買い出し程度で月に500km程度しか走っていません。

自宅は山の方にあり、坂道だらけで渋滞も多く燃費にとっては厳しい所であるが、近所をちょこちょこと走るだけでも20km/ℓは伸びてくれる。

前のブンちゃん(1300、4AT)も燃費は良いと思っていたが、近所ちょこちょこでは10~15km/ℓ程度だった。

フッちゃんはブンちゃんの1.5~2倍位良くなった感じ。

ハイブリッドは高速が弱点と思うが、それでも26~30km/ℓ位で、ブンちゃんの20~23km/ℓよりもかなり良い。

下道でも長距離を走ると27~30km/ℓ程度は出る。

これもブンちゃんではせいぜい18~20km/ℓ程度だった。

フッちゃんが良いのは、ハイブリッドの強みで走っている時にエンジンを止めて電気自動車状態になるのが多いのも要因だと思う。

多少の登りでも60km/h位まで、平坦なら高速で90km/h位まで電気自動車になってくれる。

平坦地を走ることが多い人の場合は、25km/ℓはいつも出るだろうと思う。

燃費上の弱みは始動の時にエンジンの暖機の為にエンジンがかかることだと思う。仕方がないですけどね・・・。

つまり、エンジンを暖機する為に始動直後はエンジンがかかり燃料を消費する。

私の場合、自宅を出れば下り坂を下りていくことになり、本来であればエンジンはかからず、電気としてエネルギーを回収しながら走るのだが、暖機の為にエンジンを回すので、ここで燃費は本来の状態よりも悪くなっている。

従って、寒い季節は弱いが、暖かくなると暖機が短くなるので、燃費が良くなります。

モービル1に切り替えたオイルの差はまだ分かりませんが、エンジンを回しても静かです。

2017年2月6日

6ヶ月点検を受けてきました。走行距離は、まだ3,500km程です。

メンテナンスパックを契約しているので、基本的に無料なのですが、

追加金を払ってオイルを標準のものからMobil1に変更しました。

前から車のオイルはカストロールのハイグレードなものを使っていましたので、

フッちゃんにもハイグレードを使うことにしました。

どう変わるか楽しみです。

1台前の愛車「ブンちゃん」です。

4輪車の経歴について

①フェローMAX(2サイクル、360、4MT)

小さい車だった。最近、アクセルとブレーキを踏み間違えたという事故が多いが、この時代の軽はペダル間隔がほとんど無く、足のでかい私などが乗ると、アクセルとブレーキが同時に踏めた!

右足の靴の右側でアクセルを操作し、左側でブレーキを操作するような感じだった。

でも、結構よく走ってくれて運転は楽しかった。

初期のFF車の特徴だったと思うが、アクセルを踏むとカーブで外側に膨らんで行く、アクセルを話すとカーブの内側に巻き込んで行く。この性格が分かれば面白く走れた。

②ハイゼット・バン(2サイクル、360、4MT)

全く走らないが荷物は大量に積めた。75km/hしか出ず、高速は恐くて利用できなかった。

面白いのは、この車は4輪独立懸架なんですよね。今のコンパクトクラスよりも足回りには金がかかっていました。

しかし、何せバンですから、荷物が載っていない状態ではバンバンとよく飛び跳ねてくれました。


ここまでは親の車です。次からが就職後に自分で買った車です。


③シャルマン(1300、5MT)・・・1978年

静かな車でした。その代わり力は無く、頼りない感じでした。

④シャレード・ソシアル(1300、3AT)・・・1989年

燃費で売り出したはずのシャレードだったのに、普段乗りでは7~7.5km/lがやっとこさ。

ほとんど高速や自動車専用道路を止まらずに走って記録した最高記録が12km/l。

しかも、エンジンの振動・騒音は特大。Dに入れたまま信号待ちすると車体までブルブルとしてくるし、高速の入口等で勢いよく加速しようとするとものすごい音がして乗っている人が「どうしたんや」と心配してくるくらいだった。

ただ、面白かったのは、トランクに荷物をいっぱい入れるとものすごいオーバーステアになり、少しハンドルを切るだけで良く曲がってくれました。(本当は危険かも!)

⑤YRV(1300、4AT)・・・2000年

ソシアルに比べてエンジンが段違いに良くなりました。静かで良く回ってくれました。

燃費も12~13km/lに伸びました。ソシアルの倍近くになった感じでした。

唯一の欠点はドアの閉まる音くらいで、「パカ~ン」と軽よりも安っぽい音を響かせてくれました。

最後は、タクシーに正面衝突されて一瞬で廃車となりましたが、エアバッグのお陰で私はけがをせずに済みました。

合掌。

⑥ブーン(1300、4AT)・・・2007年

YRVとほぼ同じですが、こちらの方が足回りが柔らかい感じでした。

燃費も新しい分だけ少し良くなりました。13~15km/l程度で、高速では20~23km/l程度まで伸びました。

中も割と広く、使い勝手も良いので、気に入ってました。

欠点としては、ボデーが弱いのか足回りが悪いのか、5年目頃からきれいに舗装されていない道路を走るとガタガタと車全体から音が出るようになり、だんだんとその音も大きくなっていきました。

ディーラーにチェックしてもらうと、「ステアリングギアボックスが悪い」、「右前輪のストラットを手で揺すったらガタがあったからこれが原因だ」とか、恐ろしいことを言われました。「そんなんで大丈夫か」と聞いたら、「良くあることで直さんでも大丈夫」というのが、いつものディーラーの返事。

でも、走れば走るほど、音も大きくなってきたので、丸9年の車検の前に退職することもあったので、買い換えを決意。

本当は音以外は問題なかったので、もっと乗りたかったのだが、ちょっと残念でした。


ここで、今までの車は全てダイハツ車。親の車はたまたまでしたが、自分で買ったのはそれなりの理由があると考えていただいて結構です。


ブーンの次に何をしようかと考えたのですが、昨年(2016年)新しく出たブーンは1300が無くなってしまい、1000の3気筒だけになってしまった。3気筒はいやだったので、やむなくブーンを諦め、他を探すことに。

ダイハツでは4気筒となるとでっかいアルティス(カムリのダイハツ版)になってしまう。(プリウスαのダイハツ版もあるが、興味なし。)アルティスの見積をもらったが、高い車なのに今はやりの自動ブレーキがオプションでも付かず、カムリなら色々あるオプション類もほとんど無し。悪いがダイハツは諦めました。

その後、色々なメーカーの情報をもらって検討した結果、フィットとプリウスのどちらかにすることにして、試乗して決めることにしました。

新しいプリウスは以前のプリウスと比べるとかなり良くなっていましたが、やっぱりルーズな運転感覚が残っていることと後席の快適性が低いなという感じでボツ。

フィットは運転感覚にダイレクト感があり、後席の快適性も良さそうなので、フィットに決定。


⑦フィット・ハイブリッド(1500、7AT)・・・2016年

フィット・ハイブリッドの中で燃費は落ちるがSタイプを購入。

標準で55タイヤを付けています。その為、ゴツゴツ感は結構ありますが、ハンドリングはしっかりしています。

燃費も家の周辺ちょろちょろの普段走りで、20~23km/l程度。20を切るのは、1km以内の近所を走る時程度です。また、遠出したり高速を使ったりすると25~30km/l程度まで伸びてくれます。

家の周辺は坂道ばかりなので、燃費には元々悪いのですが、満足しています。

平坦路では電気自動車状態で走ることも多いです。高速で90km/h位でも電気自動車になることがあります。

また、パワーは全く問題なしで、力不足を感じることはありません。

室内は広くて良いですが、小物入れ等はブーン(初期型)の方が使い勝手が良かったですね。

あと、面白いのはメーカーのインターナビを付けたのですが、色んな情報をパソコンを使って見ることができるようになっています。パソコンとナビの使い方にもっと慣れたら、画面等をアップしてみたいと思います。